診療科目
内科診療
検診
STD(性病)
男性型脱毛
更年期・ED
こんなときは
ドクター紹介
アクセス
当クリニックについて

東京メトロ銀座線
虎ノ門駅 10番出口

西新橋方面改札10番出口から当院看板にそってお進みください。
エレベーター5階で直接クリニックへ行けます。

院長

qr

STD(性病)

性病なんて特殊な人間がなるもの、と決めつけていませんか?
最近では、STD(性病)も細菌からウィルスの時代になっています。
身に覚えがなくても簡単にうつる(ドアノブを触っただけでなどの接触感染でも)可能性があるのです。

「STD」を昔は「性病」といいました。

今は「STD(性感染症)」と名称が変わり、セックスで移りうる病気のすべてを包括しました。
エイズから毛ジラミにいたるまで、すべてSTDに入ります。
B型肝炎やC型肝炎も、性行為中の微細な出血を介して移るので、STDです。

病原体も、毛ジラミのような虫や、トリコモナスのような原虫や、細菌や、リケッチアや、ウイルスなど、多彩です。
ということは、セックスに関係なくかかってしまうSTDもあるわけです。

セックスに無関係だからといって放ってはおけません。
早期発見・早期治療は必須。

最多のSTDは「クラミジア感染症」。
女性に感染しても無症状なので、放置しやすいのです。
無症状でも、クラミジアは着々と感染者の体内で繁殖を続けます。

若い女性が感染すると、パートナに移して騒ぎになります。
クラミジアが男性に感染すると女性と同じように、無症状の場合もありますが、尿道炎の症状を起こすほうが多いです。
この騒ぎを乗り越えても、女性の体内に潜行するクラミジアは、慢性の子宮内膜炎や卵管炎を起こすので、将来、不妊症になるおそれがあります。

「センケイコンジローマ」の原因ウイルスの「HPV」は、子宮頸管に永住して、将来、子宮頸がんになる可能性があります。

「性器ヘルペス」も増えています。

かのエイズも、無自覚な感染者が少なくないので要注意です。 

身に覚えのあるかたはむろん、たとえないかたでも、定期的に「性病ドック」を受けることを奨めます。
必要に応じて、検体は、尿、血液、ネンエキ、粘膜、皮膚、などで検査します。採取に痛みのないよう配慮します。
診断がSTDの場合は、治療に最善を尽くし、最短で全快する努力を、生活指導と併せて行います。


誰でもSTDの定期検診を!

怖いのは自覚症状がないまま感染が重症化する場合があるのです。
特に女性に症状がでにくいSTDは多いのです。
STDが原因で下記のような問題が起こると言われています。

不妊症
早産・流産
低体重児
異常妊娠(卵管妊娠など)
子宮頸がん

以上から当院ではいち早くSTDの定期検診の必要性を皆様にご理解いただいています。具体的には下記のようなSTD(性病)の検査を行います。

尿道炎や前立腺炎を起こすもの

クラミジア・トラコマチス、マイコプラズマ、ウレアプラズマ、カンジタ、トリコモナス、リン菌

血液を介するもの

HIVウィルス(エイズ)、梅毒、B型肝炎、C型肝炎

ウィルス性

ヘルペスウイルス、EBウイルス、センケイコンジローム、サイトメガロウィルスなど

その他

毛ジラミやカイセン