診療科目
内科診療
検診
STD(性病)
男性型脱毛
更年期・ED
こんなときは
ドクター紹介
アクセス
当クリニックについて

東京メトロ銀座線
虎ノ門駅 10番出口

西新橋方面改札10番出口から当院看板にそってお進みください。
エレベーター5階で直接クリニックへ行けます。

院長

qr

こんなときは

泌尿器科・男性器の手術について

「仮性包茎でも手術する必要ありますか?」
「手術の必要ありません」

日頃、清潔と乾燥を心がければ、問題ありません。
ただし、仮性包茎でもセックスで、包皮の一部が切れやすい場合は、包皮輪が輪状に狭くなっているのが原因です。
勃起の拡張で過度に伸展されるので、切れやすいのです。
このような場合は「手術すべき」です。
包皮に弱い部分があると、センケイコンジローマやヘルペスなどにかかりやすく、エイズや梅毒などの血液を介するSTDの感染率も高めます。


「陰茎のセンケイコンジローマは手術で取りますか?」
「休火山的なものは手術で治しますが、活火山的に進行の速いものは、液体窒素による凍結治療を選びます。
この場合は週一の通院で数回かかります」
「亀頭増大はできますか?」
「できません。結果は失望します」
「陰嚢に小さな脂肪の塊が、いっぱいあるのですが」
「放置しても、無害です。美容的な意味で悩むのなら、手術で除去します。」

些細なことでも、お一人で悩まずご相談ください。